知財プログラム

無形資産への通常又は重大な侵害行為に対し、長年の実践により一連のアクションプランをまとめました。共通部分とカスタム部分が含まれます。

中国税関は法により全ての輸出商品を検査しなければなりません。知的財産権者は税関総署のデータベースにて権利を登録し、積極的な監督管理と押収手続に入ることができます。

通常、このプログラムの中核部分は以下のようなステップがあります。

・商標、特許、著作権を選択的に税関総署へ登録すること

・銀行が発行した税関保証書を提出すること。

・押収された物品を確認し、侵害したか否かを税関へ返事すること

・懲罰決定が出るまで事件をフォローアップ

・保存及び処置費用を支払うこと

もっと詳しい情報は、当事務所まで連絡ください

中国では博覧会に参加することは潜在的な顧客を見つけるために最もよく使われる方法の一つであり、ビジネス展開のための大切な手段である一方、商標や特許の侵害が発生する恐れもあります。博覧会では、商標や特許の先駆け登録者は常にターゲットを探しています。

そのため、企業はこのようなリスクを把握、直面する用意をし、良い機会を把握しなければなりません。当事務所は、中小企業がいかに観客又は出展業者として博覧会に参加するかを指導するため、一連の標準化されたアクションプランを作成しました。そのポイントは以下の通りです。

・関連知的財産権の確認、印刷

・速やかに商標を登録する(24時間以内)

・公証部門と連携し、侵害証拠を収集・公証する

・貿易博覧会の主催者に侵害品の撤去を要求する

・会社信用報告書の提出

・協定の作成及び完成で弁護士に依頼する

もっと詳しい情報は、当事務所まで連絡ください

模造品市場は中国で最も知られている知的財産権脅威の一つです。この市場の全部又は大部分の商品の出所は模造品の製造者です。模造品市場は人気が高く、毎年数えきれない顧客が訪れています。

長年の経験から対策をまとめました。そのポイントは以下の通りです。

・市場調査

・共同摘発について、不動産の貸主及び管理事務室へ連絡する

・侵害差止警告書の送付

・公証部門と連携し、証拠を収集する

・特に重大である場合、摘発や訴訟に合わせて、プログラム全体の説得力及び効率を高める

もっと詳しい情報は、当事務所まで連絡ください

データによると電子商取引は日々成長し、現段階ではネット市場は既に関連市場に浸透しています。知的財産にとって、チャンスとチャレンジは同時に存在しています。模造品の製造者はネットプラットフォームに出回っており、電子商取引の裏に身を隠しています。模造品はタオバオ、アリババ、速売通、馬可波羅などのネット取引プラットフォームを通じて簡単に国内外に販売されます。

長年を経て、ネット販売者及びネットプラットフォームに対応する方法や手続を作成しました。そのポイントは以下の通りです。

・知財保護システムプラットフォームで知的財産権者及びその関連権利を登録する

・ウェブサイト調査

・撤去通知

・更なる調査(検査、行動の展開など)

もっと詳しい情報は、当事務所まで連絡ください