法律

1.商法 

中国はいくつかの産業において、既に世界で最も価値ある市場になっています。多くの企業は製品やサービスの輸出、流通のための最適戦略を作成、実行するよう取り組んでいます。

中国では、商品やサービスのマーケティング及び流通の手段は大きく異なり、卸売・小売、フランチャイズ・代理、ライセンス・プライベートブランドなど様々な形があります。

中国でのビジネス運営の最適化のために、独占禁止法、税関法、税法、広告法、知的財産保護・コンプライアンス・フランチャイズ法など、中国法体制の幾つかの問題及び特性を配慮しなければなりません。

当事務所の主な業務は以下の通りです。

  • 法律・行政のビジネスモデルの確認と分析
  • 流通に関する知的財産戦略
  • 流通及びフランチャイズ契約
  • フランチャイズ登録
  • 広告コンプライアンスの確認
  • 販売・OEM・代理契約

 

2. 食品安全実務

最近、中国政府は食品の安全が最優先であると宣言しました。食品規制はますます厳しくなっており、かつ大きな構造改革が行われています。欧米の食品規制とは共通の基盤があるものの、法律法規及び法執行面では大きく異なり、食品会社は何ができるか、どのようにするかを慎重に確認する必要があります。

近年、多くの食品安全問題が発生したため、政府は、懲罰的損害賠償、公益通報者への奨励、栽培者・製造者・貿易業者・広告者など食品チェーンにおける各レベルの経営者による共同責任などで、法執行を厳しくしました。

これにより、消費者は多くの不適合製品(ラベルの誤植など小さな問題さえ見逃さない)を意図的に購入して、代金の10倍に該当する損害賠償を請求し、又は政府の奨励を得ることができます。中国各地で販売されている食品にとって、各地でこのようなリスクに直面しなければなりません。

関連法律法規を遵守することで、競合相手より先行し、罰金、マスコミの報道、名誉の損害などを回避することができます。

当事務所の業務

  • 食品規制のコンプライアンスの確認
  • 食品広告・マーケティングの合法性確認
  • ラベル検査
  • ラベルの起草準備
  • リスク管理・政府PR(国家食品薬品監督管理局、工商行政管理局、国家品質監督検査検疫総局)


3. 訴訟・仲裁

訴訟はHFGの実務における中核分野です。通常の手段では上手く解決できない場合、訴訟は権利の付与又は相手に交渉へ参加させるための最終的な手段になります。

当事務所はビジネス紛争、信用調査、不正競争、商業秘密漏洩、財産保全・証拠保全、サラリーマン犯罪、製造物責任・消費者保護、発明の所有権、知的財産権訴訟などの分野で豊富な実績を有しています。

当事務所はお客様の各級裁判所と仲裁委員会における訴訟及び仲裁業務をご協力します。

また、不正競争、従業員による会社規定違反、商業秘密の漏洩など具体的な事件について、当事務所の調査チームは初歩的な情報収集活動を行うことで、問題の所在、範囲などを判断し、訴訟の証拠を収集することができます。

 


4. 労働法

中国では、人的資源管理は外国投資家にとって最も厳しい挑戦の一つです。文化の違い、熟練従業員の高流動性、現地及び国際の競合相手との激しい競争などの問題で、チームの管理は難しいであるが、効率の向上やパフォーマンスの強化に大切なことでもありです。

中国の労働法規は従業員側に有利であるため、たとえ従業員に深刻な不正行為があっても、雇用主が解雇又は業務内容の調整を決定する場合、大きな負担を強いられることになります。

労働法規のコンプライアンスは基本的なビジネスツールであり、以下のことを実現することができます。

  • 良好な人的資源管理
  • 人的資源でより多くの選択の自由
  • 内部事務でより大きな支配力
  • 内部利益相反の回避
  • 従業員の不正行為の防止(ハラスメント、贈収賄など)

当事務所の業務

  • 労働契約の作成
  • R&D人材・発明の所有権
  • 社内規定(秘密性、利益相反、内部統制など)
  • 競業避止違反
  • 労働訴訟


5. 会社法

外国投資家が中国で投資する場合、現地投資家とは違い、特定の法規を遵守しなければなりません。

会社の設立からM&A、事業範囲の変更から登録資本金の増加まで、企業取引の大部分は、中華人民共和国政府の審査と許可を受けなければならないため、法律上や手続上の負担が大きくなります。

投資は慎重に計画しなければなりません。特に事業範囲の制限、人民元/外貨の交換性、特別税関体制(加工貿易、自由貿易区など)、出資の義務と選択、税務関係及びそれに係る行政手続などの特性を考慮する必要があります。

当事務所の業務 

  • 投資プロジェクトに関する法律・行政の確認と分析
  • 法主体の設立(外資独資企業、共同企業体、駐在員事務所)
  • M&A(国内と越境)
  • デューディリジェンス
  • 外国投資の清算
  • 無形資産(知的財産)による出資
  • 企業の通常運営
  • 行政問題の解決(税関、国家外貨管理局・銀行、国家品質監督検査検疫総局など)