職種の紹介

以下は当事務所のプロフェッショナル集団を簡単にご紹介します

商標代理人は中国・海外商標の検索と出願業務を担当します。弁護士と協力して、商標局と商標評審委員会で商標異議や無効などの紛争事件に対応する場合もあります。商標代理人は使用許諾、譲渡、代理人変更など商標変更に関する全ての業務も対応します。また、特に買収段階において、著作権やドメイン名に関する事件で協力するケースもあります。豊富な経験を持つ代理人はお客様の商標ポートフォリオを管理し、ブランド保護を取得、強化するための戦略的な提案を行います。

中国の関連法律によると、商標代理人になるためには(司法試験や特許代理人資格試験のように)何らかの試験に合格して資格を取得しなければならないという規定はありませんが、当事務所では法律、経済又は英語の学士あるいは 修士学位を取得し、かつ海外で少なくとも1年間の留学経験がある方を歓迎します。英語の会話力と文章力も必要です。

弁護士は商標局、特許局、知的財産局、工商局、科学技術局などで紛争事件を担当し、人民法院で契約や訴訟業務を扱います。弁護士は常に企業の代理人として無形資産、株式(M&A)及びその他の取引について商談を行います。

弁護士は全国弁護士資格試験に合格しなければなりません。合格していない方は、商標代理人又は執行・証拠収集スペシャリストとして当事務所に入所し、仕事しながら資格をとることもできます。

法律、経済又は英語の学士又は修士学位を取得し、かつ海外で少なくとも1年間の留学経験がある方を歓迎します。英語の会話力と文章力も必要です。

特許代理人は特許出願の起草・提出・実行、拒絶理由通知への応答を担当し、特許無効事件の処理や特許侵害事件への技術支援を行います。また、中国特許の海外での出願及び海外特許の中国での出願も協力します。代理人は特許の維持も行います(年費、特許権の変更、使用許諾など)。

特許代理人になるためには試験(特許代理人資格試験)に合格しなければなりません。既に合格した方は履歴書を送ってください。合格していない方も入所して仕事しながら試験を受けることができます。技術背景(科学、生物、ソフトウェア、機械、電子機械、電信、医薬などの学位)が必要です。法律、経済又は英語の学士又は修士学位を取得し、かつ海外で少なくとも1年間の留学経験がある方を歓迎します。英語の会話力と文章力も必要です。

執行・証拠収集スペシャリストは知的財産権侵害の証拠又は手がかりを収集するための市場調査を担当します。行政法執行(模倣品没滅)のために準備、協力し、調査及び行動報告を行います。シニアスペシャリストは特定のエリア、地域又は特定ルート(税関、市場、ECプラットフォームなど)にて模倣品没滅を協力する必要があります。

 

中国の関連法律によると、執行スペシャリストになるためには(司法試験や特許代理人資格試験のように)何らかの試験に合格して資格を取得しなければならないという規定はありません。法律、経済又は英語の学士学位を取得し、かつ海外で少なくとも1年間の留学経験がある方を歓迎します。英語の会話力と文章力も必要です。

上記の4つの分野以外に、会計、財務、市場、管理部門もそれぞれ有能でやる気のある人材を募集しています。経済又は英語の学士あるいは修士学位を取得し、かつ海外で少なくとも1年間の留学経験がある方を歓迎します。英語の会話力と文章力も必要です。

当事務所へ入所したい方は、学歴、職歴、自己紹介及びご希望の勤務地を詳しく記入した履歴書をお送りください。履歴書は、英語・中国語の両方とも必要になります。事前に予約や通知がなく来訪した方を受け入れられませんのでご了承ください。 

どうぞご遠慮なく私たちのチームに加入してください。  

連絡先

hr@hfgip.com 

021-52135500
020-81382946
010-68150420